78aed5b97e83e0d0fc7489c0233e2007
福島県のごはん日記

ふくしまのフルーツを1年間楽しもう☆Hotフルーツ!プロジェクト

2018/04/13 18:03 お菓子 お酒・おつまみ イベント


 皆さんご存知のとおり、福島県は果樹王国です。収穫量で見ると、桃は全国2位、日本梨は全国4位、りんごは全国3位で、その他、柿、ぶどう、さくらんぼ、西洋梨、いちごなどたくさんの果物を生産しています!

 今回は、県北地域の果物を食べられる場所や機会を増やすことを目的とした「Hotフルーツ!プロジェクト試食説明会」(日時:2月27日13:00~16:00、場所:福島市民会館)に参加し、お話を聞いてきました。


 当日の参加者は、けんぽく6次化ミーティング会員、JA、農業者、加工業者、関係機関等の70名!若い方が多く、TV局3社の取材もあり、「Hotフルーツ!プロジェクト」への興味・関心が高いことが伺えました。会のウェルカムドリンクは温めた福島産りんごジュースでいれた「アップルティー」。ジュースを温めることで甘さと酸味がより美味しく感じられます。

 まず、県北農林事務所の担当者から、「Hotフルーツ!プロジェクト」の説明がありました。県北産果物を使った「温かい商品」や「温かくして食べる商品」、「温めて食べる商品」を『Hotフルーツ』と称し、『Hotフルーツ』を多くの人に食べてもらい、「Hotフルーツを食べる!」を浸透させる運動を推進します。


 果物を手軽に食べることのできる商品の開発、販売、提供を推進し、県北を代表する果物の加工用材料の需要拡大と果物産地としての知名度アップ、更には、コラボした県北管内の特産品をも巻き込んで果物を通じた活性化を図ります。

 地域の活性化や地域ブランド戦略に精通されているNPO法人素材広場理事長の横田純子氏による、Hotフルーツの可能性についての講義では、「「地域の人がその商品を日常的に食べていて誇りに感じていること」が重要で地域に根差した物が、地域外の方にとっても魅力となる」という話を伺いました。


 最後に、協力事業者が今後、商品づくりや販売のヒントとしてもらう商品アイデアの紹介と試食説明会が開催されました。料理は、(公社)福島県栄養士会の皆さんに作っていただきました。ピーチパイ、Hotフルーツソース、桃のフルーツグラタン、豚肉のHot桃ソースがけ、豚肉のHotりんごソースがけ、あんぽ柿春巻き、もも春巻き、りんご春巻き、りんご白玉の合計9品!会場からは、「いつも果物を生のままで食べているので温かい果物のお菓子や料理の食感や味が新鮮」、「果物の甘さと酸味があるので、お酒にも合いそう」などの声が挙がっていました。今回はその中から桃のお菓子、料理の3品をご紹介します。


 ぜひ、一緒にHotフルーツ!プロジェクトで福島県北地域を盛り上げてくださる方をお待ちしています☆今後、県北地域でHotフルーツを食べられるようになるのが楽しみです☆

Hotフルーツ!プロジェクト

URL:https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36210a/hotfruitsproject.html

お問合せ先:福島県県北農林事務所 企画部 

Tel:024-521-2596  Fax:024-521-2850

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください