78aed5b97e83e0d0fc7489c0233e2007
福島県のごはん日記

~東京からやってきた元気なお母さん料理!~ 楢葉町 細田靖枝さん

2021/01/18 16:19 朝ごはん 昼ごはん 晩ごはん 旅行・お出かけ くらし


福島県楢葉町の天神岬に向う町道の登り口にあります「だいこんの花」をご紹介します。

店主の細田靖枝さんは、もとは東京都在住で、娘さんの嫁ぎ先である双葉地方に

よく足を運ばれ、特に天神岬温泉がお気に入りの場所となり、震災の2年前、現在地に引越されました。

震災時には、避難を余儀なくされ、避難指示解除後に自宅に戻り過ごされていましたが、町の復興に従事される方々の食事場所がなく困っていることに気づき、以前、首都圏で飲食店を営んできた経験から、平成29年に自宅を改修し、「だいこんの花」をオープンしました。


食事に提供される食材は、近くの友人が作った地元産野菜や自ら庭の畑で育てたトウモロコシなどの野菜を取り入れております。また、魚は、近隣の市場から入手するほか、細田さん自ら久ノ浜や四倉漁港から出航し、釣り上げたばかりの魚をメニューにするなど、少しでも鮮度の良いものをお客さんに提供したいと考えており、運が良ければ釣り上げた魚をいただくことができます。

「だいこんの花」の営業は、昼のランチ、夕方は宴会もできる食事を提供しており、全て予約のみの対応(不定休もあり)となっております。時間、予算、メニューとも、店主と相談しながら決めていくなど、どちらの時間帯とも1組づつの受付けとしております。

店内は、落ち着いた雰囲気のテーブル席で食事ができ、基本のランチメニューは、蒸籠飯、大皿6点盛り、小皿2点盛り程度と味噌汁になり、食べて元気になるボリューム満点な料理です。

今回は、蒸籠飯と主に夕食メニューとなる大皿10点盛り、魚料理2点をいただきました。大皿には、ナスの素揚げ、大根の煮付け、肉団子、焼ベーコン、ホウレンソウのおひたし、刻みオクラ、ホタルイカ、冬至カボチャ、クリームチーズ和え、大根とニンジンの漬け物、小皿にはポテトサラダと切干大根の炒め煮、魚料理は銀鱈の煮魚、稚鮎の南蛮漬け。蒸籠飯には、ご飯の上に牛肉、卵焼き、ニンジン、レンコン、サヤインゲン、姫竹、ゼンマイ、栗がのせられているなど、野菜中心に彩られ、どこか懐かしいお母さん料理の味を堪能することができました。


細田さんは、笑顔で気さくに話をかけてくれる店主ですので、是非、新鮮な地元産野菜や魚が味わえる飲食店「だいこんの花」にお出かけしてみてください。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください